河瀬直美監督の新作「光」

河瀬直美監督の最新作「光」をとても楽しみにしています。

 

音楽家であった私の父は幼いころに視力を失なっていました。盲目であったから(昔のことですから)あんまになるか三味線弾きになるかというくらいの選択肢しかなく箏曲家になり、盲目であったからセンスを聴力に集中させた結果、天才少年として箏曲界を席巻し大分の山奥の小さな集落からカーネギーホールまで辿りく要因になったのかもしれません。

 

しかし私からすれば生まれたときから盲目の父。ある時期までは光の明暗はわかったようですが、当然ながら私の顔など知りません。普通の親子のようにキャッチボールしたり、TVゲームしたり(そんなもの無かったけど…)ということはありえず。しかしながら私にとっては当たり前にそうだったし、思い返すに光の無い父の世界を想像することもありませんでした。

 

ちょっと特殊な習わしはありました。怒られるときには思い切り尻を叩かれていたのですが、私と違って父は骨太でがっしりした体格だったので物凄く痛い。叱られながら「こちらへ来なさい!」と呼ばれるのですが、従ったらめちゃめちゃ痛い目が待っている。正直 黙って音も立てずに逃げることはできるわけですが、盲目の父に対して そんな卑怯なことはできないと思った幼い私は震えながら「捕まる」わけです。すごい修行でしたよ(笑。

 

カメラマンが その生命線である視力を失っていくというお話。父の思い出と交差しながら、もしかしたら父の世界を思うことができるかもしれません。

 

 

あとですね、私、手ブレ映像に非常に弱くて、すぐに酔ってしまうのです。近作は拡大ロードショーもあってか?鑑賞しやすい映像なのですが、じつをいうと初期の作品は開始後数分で鑑賞続行できなくなり、音声のみの世界へ。なので ほとんどの作品を見てはいるのですが、ほとんど観ていないのです(笑。「あん」に続いて今作も じっくりと浸れるはず。楽しみ!


関連する記事

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Ω on Twitter

通販サイト地味に開店中!

エトウ商店

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM