神戸入り

神戸空港

初めて神戸空港へ着陸。空港も周辺もお初の景色なので、なんだか海外旅行の気分でしたわ。今日は移動だけなので、柴田氏と「007」鑑賞。シリーズ的には異質だけど、ま、旅のお供にはいいかも?そういや、元々の「カジノ・ロワイヤル」も異質だっけか。

二人で飯喰ったのち物足りないΩは二本目「硫黄島〜」へ。Hollywood 製日本映画を観るたびに純邦画との産業としての規模の違いにはいちいち驚くばかり。俳優さんたちも複雑なのかなあとか思いつつ、でもやりがいあれば役者的にはオッケエなのかもなあとか思いつつ。。。エンドロール的には当然二番目だった二宮和也さんだけど、実質主役だし立派だったなああ。一度舞台も拝見したけど良かったっけなあ。

熊本終了

BAHIA

前夜四時解散のわりには午前中に起きて/仕事mail片付けつつ/風呂とか入っちゃって/熊本市内上通り出て/「こむらさき」で特製チャーシュー麺食べて暖まって/洋服屋さんの友人の経営するすごく居心地の良いBAHIAというカフェへ。話すうちにジプシー・ギタリストの黄金井脩氏が以前ココでライヴやってて熊本にもちょこちょこらしく、その場でmailしたら電話を折り返して来て『んぢゃま、そのうちココで!』と新年のあいさつ。

摩季ちゃんライヴは満員御礼の中かなりイイ感じで盛り上がって終了。その後はスタッフ交えて全員打ち上げ。皆そおおおとおお酔っぱらってた=良いコンサートの証/楽しい気分で下通りを歩くΩです。

shimotori

初小判鮫@熊本 w/大黒組

Bar@熊本

やりましたよお、熊本ぺいあのplusさんで大黒組による小判鮫ライヴ。とおりがかりの御客様&大多数の大黒組スタッフの皆様に混じって「我々と知って」御来場いただいた皆様、ありがとうございました。Ωのソロは、まあいつもな感じだったんですが、メンバーライヴは初々しくて可愛かったッて感じ??なんか、ふとΩ的最初の小判だった@神戸を思い出しちゃいました/いつだっけか。

写真はその後、年長組と飲んでたBarにて暗い中シャッター8秒ゆえkey柴田氏のブレた腕、写ってないbass沢田氏、ブレ無しのsax竹上氏&ブレブレて半透明のΩ。映画の話とかするんだけど『あ!えっと、あの俳優さ...えっと、なんつったっけ??』『あ!あれね!えっとね...ええええとね...』と年長組らしく話の効率が悪いったらありゃしない(笑。翌日は午後ゆっくりの開始だったので四時まで談笑。そんな時間なのに『良い頃合いですな』とか言いながら解散←やっぱ感覚がいかれてますよね。

名古屋公演

舞台裏

摩季ちゃん@愛知芸術劇場でございました。全参加ではないのでスケジュール飛び飛びゆえΩ的にはなかなかペース掴めず実はアワアワしてたのですが、ようやく譜面を越えて楽しめる域へ。

さて、写真は劇場の舞台裏=真裏です。昨日の浜松アクトシティもそうだったのですが、「本気」の劇場には皆様が観る舞台の裏&左右(両袖と言います)に舞台の広さ以上のスペースがあります。上から見たら凸って感じ/伝わります?写真の真裏スペースなんざ物凄く広大=大掛かりなオペラや御芝居の舞台セット大転換が可能なわけですね。ま、コンサートの場合は楽器がセットされているので、総入れ替え的な転換はできない/せいぜいドリフの回り舞台です。ところが、あの「全員集合」が収録されていた渋谷公会堂=現:CCレモンホール(どこだかわかんねえっつうの!)は改装時に回り舞台撤去したんですって。大昔、一度だけ「全員集合」にKyon2「艷姿ナミダ娘」の演奏で行って一度だけ回るのを現場で見ました。いまや貴重な想い出なり。

名古屋移動

ピカイチラーメン

浜松では大学時代のサークル仲間夫婦も摩季ちゃんライヴに来てくれて久々再会。学生時代=30年前なのよねえ...素晴らしいねええ...。なにはともあれ@大学二年:bassの須貝君に(実名かよ)あの音楽サークルに誘われなかったらミュージシャンとしてのΩはありません。岐路です。

さて、写真はなんでしょう。トマトソースではありません。浜松公演終えて移動した名古屋の中国料理店「ピカイチ」の劇辛20倍ラーメンです。唐辛子でスープがザラザラしてます。辛いというよりも痛い苦い。でも、損所の激辛物と違ってちゃんと美味しい。異常に辛い中に、きちんと味わい。さらに体中の毛細血管の隅々まで開いて超快感。さすがにスープは飲み干しませんけどね。よく「胃に悪いんぢゃない?」とか聞かれるんですが、胃たるや食べた物を溶かしてしまう胃酸という強力な劇物を分泌する器官ですんで、こんなモン消化しちゃうわけで。あ!もちろん、翌朝もう一度辛いです=ご想像ください。

@浜松

うなぎパイだらけ

京都を朝出発して東京戻って、そのままMakiちゃんリハ。昨日は深夜まで録音。そして浜松本番。2007年明けて既にクラブ参加、パーティ2本、リハ、レコーディング、コンサートこなした生き急ぐΩでございます。



日記すぎる。。。

牛日記を引っ越して以来、ちゃんと「日記」になっちゃってますが...




ま、そうはいかないよっていう事で。。。

2007年:元旦

初日の出

渋谷plugでの年越しイベントを4時くらいに失敬して、某所での某F氏の打ち上げパーティへ。こちらの年越しには参加していないのだけど...ま、イイぢゃんね。

で、飲んで語って飲んで語って飲んで飲んで東京の初日の出を浴びながら帰りましたとさ。寝て起きたら真っ暗で時計は[5:00]!『これって朝なの?夕方なの?』/夕方でした。遅まきながら父の所へ挨拶に行くと、兄は酔没、Leoさん呆れ顔/そんな平和な元旦でした。

大晦日

タップボード

2000年以来、武道館でのカウントダウン・ライヴが恒例だったので、久々に「外」で年越し。場所は渋谷plug。タップの熊谷和徳君をメインに迎えたセッション大会で、パタパタカタカタと年越し。何度一緒にやって間近に見ていても足をどう動かして、どうやって音をだしているのかサッパリわからん。凄すぎる。最後にラッパーのQ-ILLと急遽即興/これが短いながらも楽しかったなあ。plugでのイベントは質が良いんですよねえ。思わず声をかけたくなるような良いアーティストが集まって来るんですよねえ。これってクラブ、ライヴハウスとして大事大事。
写真はタップを踊る/演奏する際に敷くボードの表面UP。傷だらけなんだけど、なんだかナスカの地上絵みたい。

フミヤ@武道館終了♪

ものすごい写真

もうネタバレもオッケエですよね。大晦日はぜええ〜〜んぜん違う感じみたいだし。

大阪終わりでも書きましたけど、やはり人数の力ってすごいですね。"Brand new love"イントロで全員がバ〜ン♪っと入った瞬間はリハの段階から鳥肌ですもの。どんな高度な機材使っても、この音像感は無理無理。やはりこの曲から始まるのが好き好き。前回から引き続き好き好き

"星屑〜"は、もうなんつうんでしょうね。例えば、あの曲を今誰かが作曲して、あ〜いう風にアレンジしたら、それはかなり狙った企画モノかギャグでしょうけど、それを正面切ってやれるってのは素晴らしい財産ですよね←うまく言えないんですけど、なんとか皆様頑張って共感してほしいんですけど/Ω的には、もうホント「夜ヒット」のスタジオが懐かしい感じで。

"Doo-bee〜"はね、昔々のディスコ・サウンドって、ああいう感じ。ココは赤坂MUGENかよ!←三十代以下解明不能///ほんと気持ち良かった/クセになる。来年もやんないのかなあ。。。やれよ〜、来年もやれよおお〜〜♪♪いいから佐橋君、譜面書けよお〜♪

あああ〜!なんか興奮して寝られない〜〜〜!!!


やり残した事:ほぼテレビを観ないので「のだめ」が理解できていない。ドラマらしい。
さて、この物凄く怖い写真:舞台上に設置してあった強力な照明が天井に向けて真っすぐ伸びていたので、顔を突っ込んで撮影&ちょいブレで素晴らしい出来。

以上、フミヤ関係者以外にはわからないネタですんません。いよいよ2006年も終わりですね。



calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Ω on Twitter

通販サイト地味に開店中!

エトウ商店

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM