奄美日記2013Feb.其の五

おがみ山なうです。


展望台が立ち入り禁止になっている。。。
前、誰か住んでたもんなあ(笑。

というわけで、展望台の前でSoftBankのLTE捕まえつつMacで日記書き書き
便利な世の中ですなあ。この景色観ながら仕事できるし音楽創れるし…

さて、この日はまたまたムーチョ行って、昨日の日記に登場したツカサ氏&Mちゃんと奄美コラボのバッグ打ち合わせ。何せ縫製は一人作業なのでしばらくかかると思いますし、目標20個なので…がんばりましょう。
試作段階なので遠目に出し惜しみ。生地は泥染

18時頃にあまみエフエムへ行って「夕方フレンド」のコーナーに出演。3/26に開催する「Dear どぅし でぃや」の告知をさせていただきました。

夜は私イチ押しの黒糖焼酎「加那」を作っていらっしゃる西平酒造の西平さんご夫婦&ギタリストの風雅君と会食を遊歩にて。
御馳走になったお返しと言ってはなんですが、3月から島を出て東京へ行く風雅君のサプライズ送別会をムーチョにて。西平三姉弟は全員音楽をやっていて、全員個性的で、全員才能豊か。これは音楽好きのご両親の賜物でありますねえ。ここに以前の記事。お姉ちゃん、兄ちゃんに続き彼も人気者になるだろうなあ。

でもって二次会へ流れてよく飲みました。

奄美日記2013Feb.其の四

ごくごく平和な昨日に引き続き、この日ものんびり起きてのんびりムーチョにてランチ。
blogには日々のランチが写真付き。毎日美味しい♪

ごちそうさまの後は、そのまま日記書き書き
photo by michel0630

長居したのでアマミデザインのオフィスへ行って書き書き
photo by AMAMI DESIGN 顔が面白いので写真拝借(笑。
このツカサ氏には本業のグラフィックのみならず、イベントやらグッズのコラボなどのサバクリ(段取り)をいつもいつも手伝ってもらっていて感謝感謝なのであります。御礼は日本酒です。

夕方には徳之島経由で名瀬入りした「島のことはリトケイで」の離島経済新聞の方々と合流してTSUTAYA名瀬店で開かれたカサリンチュのインストアライヴ。からのASIVIで開かれた大々的プライベート宴へ。プライベートなので内容は置いておきますけど、よく飲みました。そして毎度のごとく二次会へ流れて午前四時でした。リトケイ編集長タフネス。

奄美日記2013Feb.其の参

昨日の高校卒業生に送るイベントの朝日新聞の記事
動画の最後にチラリと
記者の伊藤さんは素敵な島記事を沢山書いておられますよー!→ 

港湾食堂♪
あまみエフエム丸田氏にすすめられた港湾食堂へ。宿泊もできるんだね。
そもそもは港で働く皆様のための食堂=ガテンな飯場なのだろうけど…

看板とかかわいい。

だけど…
オムライスの大きさは容赦ないガテン。中の具もガテン。夕方まで腹ガテン。

この日はもう親戚同然の奄美の姉様とお墓参りに。
22度とかだったので、ビッグIIにてブルーシール

電話のためにたまたま車を停めた道ばたがこんな風景

夜はお宅におじゃまして、お友達とともに会食

という平和な一日。

奄美日記2013Feb.其の弐

卒業生限定イベントなのに、こっそり観に行っちゃいました


高校生たちに向けて先輩のお歴々から様々な角度で指南を受けるという貴重なイベント。
もちろんライヴはありつつ、パネルディスカッションもありまして若者たちが島を離れてから役立つ情報、役に立つのかどうだか微妙な情報などなど…
そのコーナーでパフューム里志氏が一番右端に座っていて、ちゃんとパンツ一丁だったことに感心。テーブルに座ってるので見た目素っ裸(笑。てかそもそも、その格好で高校生の前で踊る公式行事なんだから、やっぱどーかしてると思います♪ 島 さすがです!

で、最後の最後にサーモン&ガーリックがお馴染み曲を演奏するのだけど、片割れのガーリックがオトナの事情で帰らざるをえなくなり(トークし過ぎなんだってば…)代わりにコンガ叩きました。
パフューム氏と並べられて光栄です。

やはーり
コレせずにはいられないわけで…
ちょっと風が強めですけど、20度近かったのでまあーーーったく文句無いです♪

ちなみにこの堤防

名瀬市内は再開発が進行していてあちこちが更地になっていて私ですら寂しい。
ケンタッキーを打ち負かした唐揚げのビクトリーも無い。。。

どこにでもあるようなハコモノが林立して、どこにでもあるような店がズラズラにならなければ良いなあ。壊しちゃったものは元には戻らないのだから、どうせならば観光客が「ほお〜〜♪」と思う風景にするか、街の人々にとって圧倒的に利便性の高いものにするか…

夜はこちら…
中孝介くんが島のために毎年開いているコンサートで、いろいろとココには書けない感じで孝介くんもハジけていました♪

3時間のライヴ終了後は打ち上げにおじゃまして、ASIVIに戻ってあまみエフエムのMさんYちゃんとかなりの時間まで島談義。翌朝、私は昼前まで寝ちゃったけど、みんな朝から働いてるんだからタフっすよねええーーー。

奄美日記2013Feb.其の壱

前回、11/21からの二週間滞在の日記が(それだけぢゃないけど)一行も書けていない反省をふまえ、こちらムーチョよりお送りいたします。


暇だし、寒いので急遽チケ取って奄美へ避寒
今回は鹿児島経由
前後が大都市だらけの中で頑張っている感じに萌えます
そのおかげで保安検査場は長い行列だったけど。

桜島もくもく…

初めて夜間の到着
月 月 ムーン♪

まずは空港前のショップ「サニーデイズ」へ
私が着ているのは以前買わせていただいたもの

でもって。はぶ大使としては原ハブ屋奄美へー!
作業テーブルに並んでいるのは…
よーーく見ると私のシグネチャー スティック
そーーです!高級 原ハブさんスペシャルを製作中なのです!
初売りは3/26のDear どぅし でぃやかなーー。

名瀬に着いて「ちょっと バー まさの」へ直行

お米屋さんの一角を飲み屋さんにしていて、当然ながら おにぎり美味しい♪

ストリートビューには店主が!?

ちょいちょい飲んでジャングルベースへ
DJ KING主催の…因縁付きのDJ KINGの(笑)…パーティ
さわやかに再会のご挨拶www

ASIVIでは中孝介くんのイベント「ゆえゆらい2013」の第一夜だったのでのぞいてみたら、フィナーレの六調で盛り上がり中。23時過ぎてましたけどね、さすがですね♪

そこからはいつもの「こまき」


いつもの皆様がいつものように集まってぺろんぺろん
明朝早いサモガリのアニョ(bass)を早めに見送ったのだけど…

甲斐無かったらしい…

巳年

いろいろありましたがーーー!
あらためましてーーーーーー!

あけましておめでとうございます

今年は巳年=へび年=ハブの年ーー!

奄美大島は日本への復帰六十周年。占領していた側の国籍なもので微妙な立場ですが、これを機にいろいろと学んでゆきたいと思います。初めての訪島から十年だし♪

今年もいろいろありましょうけど、斜め45度上向いて笑って参りましょうね!

10/3:「Dear どぅし でぃや」創刊零号

しーまブログ プレゼンツ
「Dear どぅし でぃや」創刊零号

様々な形で奄美イベントを開催してまいりまして、出演者の皆様は口々に「奄美良いとこ 一度はおいで」と。ならば具体的にどこに行って何食べて誰に会えばいいの?って情報を提供する場があっても良いのではと思いいたりました。もちろんwebなどを巡ればいろいろと見えて来るのですが、先週の、今日の、まさに今の奄美の良い話、どーーでもイー話をお届けしようというライヴイベント。とりあえず奄美にはネタやキャラが多過ぎて、テーマを絞らないとやめられないとまれない事が確認できました。すでに次回も決定していますのでお楽しみに!!!

右から:
しーまブログ」の編集長 小次郎
お馴染み我那覇美奈ちゃん

とりあえずリツシに喰わせとく。

本来は4人バンドなのですが、ただいま出直し中の募集中

黒糖焼酎「加那」生まれの西平三姉弟と
私の上が由美子さん 右端はせれなちゃん
全員 才あるミュージシャン♪

【CAST】
■しーま編集長 深田小次郎
■我那覇美奈
■スティーヴ エトウ

【GUEST】
■寸止海峡(ハザマリツシ 西平風雅

10月3日

ROCKERROOM
東京都世田谷区池尻3-17-12
河豚鮮(ふぐせん)会館ビルB1F
電話03-5481-7960(事務所)

8/19:ゆめねつオンステージ!2 我那覇美奈スペシャルライブ

知り合って長いのに、じつは先日のはぶナイトが初めての演奏だったという我那覇美奈ちゃんのライヴをお手伝いしました。

今回で7年目なんですと!昨年は奄美観光大使の肩書きを持つハシケンとデュオ構成だったそう。今年は私こと非公認はぶ大使がお呼ばれしました。

島をご存知の方へ:ほぼ奄美パークですねww

御盆休みのおかげで東京の空もくっきりと晴れ渡って島なみの日差し!
ところが陽が沈むと嘘のように爽やかに。やはり周囲がアスファルトではなく土だからでしょうね。ヒートアイランド現象って最悪…。

喜界島酒造の社長さんも自ら駆けつけて黒糖焼酎の大盤振る舞い!
ご来館の皆様もイイ感じに♪ 車だったので飲めず残念…

どうみても奄美色の濃いイベントだったけど、美奈ちゃんかなり頑張ったねー!
このまま奄美フェスにして行っちゃいましょ〜♪

こちらの温室では熱帯のシュミレーションとしてスコール降らせるそうで、その際に傘被って体験をできるのですが…
Twitterより拝借)
美奈ちゃん似合い過ぎだよ!!!(笑。


『ゆめねつオンステージ!2
我那覇美奈スペシャルライブ』

2012年 8月19日(日)
STRAT/18:30~19:30
夢の島熱帯植物館 芝生広場特設ステージ

7/16&17:奈良&大阪はぶナイト楽し過ぎました♪

今回、私が奈良に長期滞在するにあたって様々にライヴを構想しておりましたが、いの一番に探ったのは、もちろん「はぶナイト」でした。はぶ大使としては当然ですねーー!
こちらでのスケジュールが見えて来た段階でハシケンに「関西方面のご予定は?」とメールしたら、その日のうちに返って来て二日間の日取りが決まってしまいました。奈良はハシケンゆかりのビバリーヒルズさん。大阪は長年のお付き合いの Do with Cafeさん。

奈良会場の入り前に、もう何度も通った奄美の郷土料理鶏飯(けいはん)のHABUSさんへ(食べログ)
店主の古川さんは、私と同じように奄美好き。それが高じて島の御店を出してしまった奈良人です。奄美のダイゴが「島の鶏飯屋よりも美味い!」と紹介してくれたのがきっかけ。

歩寿ちゃん 朋樹君 美奈ちゃん Ω。
島ッチュも大満足!

ミキ2(島の飲み物ミキにマンゴージュース)なめの朋樹

このミキというのは、お米とサツマイモ、砂糖で出来た飲み物か食べ物か未だによくわからないもの。私はわりと好きなのだけど、島人は子供の頃に元気が出るから飲め飲めと言われたトラウマがあるらしい。なので反応が微妙で面白かった。
味は甘くて冷たいお粥って感じで、サツマイモがすこーーーし発酵するので、すこーーしヨーグルトっぽい酸味が。

遅れて大使も到着!


奈良には里兄弟とともにお笑いの岡山さん達が参加してくれて(HABUSさんのご紹介)ハシケンへのバトンタッチ役を見事に?やってくれました。

ハシケンと私の共通の友人である奈良の映画監督 河瀬直美さんも御来場くださったのだけど、じつは三人で会するのは初めてだった。相変わらず奈良から世界へと超多忙そう!
もともとは奄美の加計呂麻島にルーツを持つUAが監督の映画「沙羅双樹」に関わり、私も踊りシーンの音楽でお手伝いしたのがきっかけ。気づいたら奄美観光大使のハシケンがお手伝いしてて、しばらくしたら御自身も奄美にルーツがあると発覚!という。なんなのだ!?奄美って…

ハシケンの歌に涙する方もいらしたなあ。

美奈ちゃんとは最初のはぶナイト以来のお付き合いなのだけど、一緒に演奏は初めてだったらしい。ほんとかい〜???

大阪にはそもそも私に奄美を知らしめてくれたハシケン姉のみっち。が来阪。タンバリン博士という謎の人物を引き連れて。
タンバリン博士凄かったなあー!もう面白妖怪!しゃべると軽い!!動きも軽い!そして特製タンバリンを語る語る。そしてじつはご先祖様が奄美のすごい方らしいのだけど、それ話さないんだもんなあ。あとから言われてもなあーーー!

島の名物男ゆーきゃんの姪っ子 佳穂ちゃんも参加してくれました。お手伝いで来場という話だったのですが、来るくらいなら出てよって♪音楽始めたてなのにびっくりでしたよ!何よりびっくりしたのはお母様はゆーきゃんと識別困難ってとこなんだけど。(じつは奄美でのゆーきゃん披露宴でお会いしてたのだけど、あの日は体調をひどく崩していたので様々記憶脱落。失礼いたしました)

今回のはぶナイトを色づけしてくれたのは里朋樹くんでしたねー。いつもならサモガリの担う役どころ。ほとんどおしゃべりせず終始にこにこしてる歩寿ちゃんとの対比も面白いし、なんせあんな雑なシマ唄解説は聞いたことがないっす(笑。
内地でシマ唄を聴く際には言葉がわからないゆえに必ず詩の解説があります。そのためになんとなく我々もクラシックを聴くような体制になりがち。もちろんそれでいいのですが、彼はいろいろ説明しているうちに途中で面倒くさくなって「じゃ!まあ、あとは自分で感じて!!」と放っぽり投げ(笑。おかげさまでとーーってもテキトーに聴けます♪ たしかにだいたいを説明したら、音楽なのだから自分で感じろってのは正しいですね!もう完全に はぶナイト レギュラー入りです〜!

大阪はUSTしたのでアーカイブしてあります。
以下は最後の15分くらいですが、充分伝わります。
前半のファイルは目一杯の3時間

毎回いちいち楽しい「はぶナイト」次はいつどこで演るんだろうねえー!すでにやりたい!

出演:

奈良ゲスト:
岡山こうたろう もっち

大阪ゲスト:
田島隆(タンバリン博士)

7月16日:奈良 ビバリーヒルズ
7月17日:大阪 Do with Cafe

ハシケン meets 伊藤大地に関するパラッパラな話

ハシケンの何がいいって、あの独特の男気。

珍しいこと書きますけど、男気と言ったって、あの一生懸命「オトコ」を背負って一生懸命肩で風切って勝ったの負けたのどーでもいー事言いながら酔っぱらってクダまく人種の事ではないですよ。あーいうのは苦手です。ひいては男飲み苦手です。

アコースティックギター弾き歌いながら打楽器とデュオだったら普通は音量的にもパーカッショニストと組むのにドラマーで、しかもけっこうな暴れキャラの大地くんでピンと来るなんざ凄いわ。

パーカッショニストでは善くも悪しくもカラフルになりすぎるね。そこに男気!?

大地くんに近いドラマーって、知る限りではもしかしたら達也かもか…いやいや、あの獣と一緒にしたらヒド過ぎ(笑。

大地くんはハシケンの伴奏なんてつもりはなく、いや、ありつつもガチ。

ドラマーだって本来あのように奔放であるべきで、とりあえずとりあえず2&4拍目にスネアドラム叩いてリズムキープしときますってのは………あ!もちろんそれが美しい音楽もありますよ!でもロックなのにそのあたりを壊したTHE POLICEのStewart Copelandとか好き過ぎる。

そんなドラマーが希有だからこそパーカッショニストが独立して存在し得るんだけど…って、そこまで卑下してないけど(笑。

ハシケンのライヴは様々な編成で演るので、ただ観覧していても「じゃあ、私ならどのように入ってみようかな」とか考えながら聴くのだけど、このデュオには立ち入る余地なんかないもんさー。

アンコール後の鳴り止まない拍手で歌った曲が涙腺に来ちゃったのは内緒です。

いやーー!音楽だった!音楽だったあー!

ちなみに私と大地くんが一緒に組む場合は「伊藤伸子」名義になりますので、よろしくお願いいたします。もしもハシケンがmeetしたら「ハシケン meets 伊藤伸子」になります。

ちなみに今回リリースされた新譜の写真集に載ってます。1ページ占領で(笑。
特典DVDにも映り込み。
そしてCDの録音をASIVIで観てました。
完全制覇です!!!


calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Ω on Twitter

通販サイト地味に開店中!

エトウ商店

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM