FUJI ROCK FESTIVAL 2017!

http://www.fujirockfestival.com/

 

今年も発表されました!
恒例のGREEN STAGE 初日♪

夏だー!!!

 

7月28日
ROUTE 17 Rock'n'Roll ORCHESTRA

 

feat. 
加山雄三
ELVIN BISHOP
仲井戸”CHABO”麗市
トータス松本

 

[メンバー ]
池畑 潤二(Dr)、井上 富雄(Ba)、花田 裕之(Gt)、ヤマジカズヒデ(Gt)、梅津 和時(A.Sax)、田中 邦和(T.Sax)、タブゾンビ(Tp)、青木 ケイタ(B.Sax)、細海 魚(Key)、丈青(Pf,Key)、
スティーヴ エトウ(Per)
[コーラス]
MIKUNI♡DOLLS(Keicot,角島美緒,Asami)
[MC]
クリス・ペプラー


河瀬直美監督の新作「光」

河瀬直美監督の最新作「光」をとても楽しみにしています。

 

音楽家であった私の父は幼いころに視力を失なっていました。盲目であったから(昔のことですから)あんまになるか三味線弾きになるかというくらいの選択肢しかなく箏曲家になり、盲目であったからセンスを聴力に集中させた結果、天才少年として箏曲界を席巻し大分の山奥の小さな集落からカーネギーホールまで辿りく要因になったのかもしれません。

 

しかし私からすれば生まれたときから盲目の父。ある時期までは光の明暗はわかったようですが、当然ながら私の顔など知りません。普通の親子のようにキャッチボールしたり、TVゲームしたり(そんなもの無かったけど…)ということはありえず。しかしながら私にとっては当たり前にそうだったし、思い返すに光の無い父の世界を想像することもありませんでした。

 

ちょっと特殊な習わしはありました。怒られるときには思い切り尻を叩かれていたのですが、私と違って父は骨太でがっしりした体格だったので物凄く痛い。叱られながら「こちらへ来なさい!」と呼ばれるのですが、従ったらめちゃめちゃ痛い目が待っている。正直 黙って音も立てずに逃げることはできるわけですが、盲目の父に対して そんな卑怯なことはできないと思った幼い私は震えながら「捕まる」わけです。すごい修行でしたよ(笑。

 

カメラマンが その生命線である視力を失っていくというお話。父の思い出と交差しながら、もしかしたら父の世界を思うことができるかもしれません。

 

 

あとですね、私、手ブレ映像に非常に弱くて、すぐに酔ってしまうのです。近作は拡大ロードショーもあってか?鑑賞しやすい映像なのですが、じつをいうと初期の作品は開始後数分で鑑賞続行できなくなり、音声のみの世界へ。なので ほとんどの作品を見てはいるのですが、ほとんど観ていないのです(笑。「あん」に続いて今作も じっくりと浸れるはず。楽しみ!


6月はムジークフェストなら2017♪

6月の奈良は「ムジークフェストなら」と題し、県内各地で音楽イベントが開催されます。

 

公式サイト
http://www.naraken.com/musik/

webプログラム
http://www.naraken.com/musik/assets/musikbook/HTML5/index.html

 

今回も4公演に参加させてもらいますよん♪

(じつは幼稚園でのワークショップもあるので計5公演)

詳細はリンクにてご確認くださいませ〜


6月10日
東大寺 大仏殿 / 奈良楽譜 オープニング奉納演奏
<会場>東大寺 大仏殿
<時間>10:00〜11:00
観覧無料:要拝観料500円
http://www.naraken.com/musik/event/10/event088.html

じつは告知されていないコラボレイションがあるので必見必聴ですよー♪

 

6月11日
馬見花菖蒲まつり
ムジークフェストなら2017特別ステージ
<会場>馬見丘陵公園
入園・観覧無料
寧鼓座 11時〜
氷置晋ショウ 12時〜
スティーヴ エトウ feat Yuki 13時〜
邦楽ユニット 14時〜
太鼓ワークショップ 15時〜15時30分

氷置晋ショウ以降にちょこちょこ登場します
公式サイトにはまだ上がっていないようです(5/22時点)


6月17日
びっくり仰天サプライズ♪

カレー屋マナビアンdeムジーク

Part.2 やまとうし feat. スティーヴ エトウ
<会場>カレー屋 マナビアン
<時間>17:30〜19:30(17:00開場)
前売:1,500円 当日:1,700円
特典:後日使えるドリンクチケットプレゼント
※会場ではドリンクのみ販売
カレーは昼の営業時間のみ提供(11:00〜15:00)
http://www.naraken.com/musik/event/17/event032.html


6月18日
ナラ・ツムグ・モノ・オト・幽玄響 in 今井町旧米谷家
<会場>旧米谷家
<時間>17:00〜18:00(16:30開場)
観覧無料:要申込
http://www.naraken.com/musik/event/18/event203.html


6/1:まこあこすてこ 〜新生音家巡礼 vol.2 〜

6月1日 木曜日
場所 : Bonds Rosary 
京都市東山区四条縄手上る 鴨東ビル 3F
Tel 075-285-2859 ( 5/15より)
URL / http://bondsrosary.com/
時間: Open 18:30~
Live Start 19:30~
Charge : 4,000 円 ( Seat Charge 込 ) 
☆Drink,Foodは別料金となります☆
ご予約:bondsrosary@gmail.com
info@makototoko.com
(お名前・ご住所・お電話番号・お人数をお知らせ下さいませ)

[ Member ]
まこ= Vo. MAKOTO  
http://makototoko.com/

あこ= Pf. 榊原 明子 
https://akikosakakibara.jimdo.com/

すてこ= Perc. Steve Eto 
http://www.steve.vc/

〜まこあこすてこ〜
2017年 初まこあこすてこ。
3人でのLiveは3回目!
この度、京に新たなLive house
「Bonds Rosary」が誕生!
「まこあこすてこ」の誕生は、
昨年 奈良にて新たにOpenしたLive houseでしたので、今回も誕生記念に参上させていただく運びとなりました。Jazz,Pops,Orijinal,その日の曲、などなどのほほんと空間を共にする 生音を新家で楽しんでおくれやす〜♪


5/4 みどりの日:奈良 氷室神社にて奄美シマ唄奉納

予想を超えるご来場をありがとうございました♪

 

しだれ桜でも知られる奈良 氷室神社にて奄美の民謡であるシマ唄の奉納ライヴを行ないます。
唄者は東京から里アンナさん。大阪からは里歩寿さん。
スティーヴ エトウも打楽器でお手伝いいたします。

 

 

5月4日 みどりの日
氷室神社 境内
奈良市春日野町1-4
http://www.himurojinja.jp/
18:30開場・19:00開演
奉納賛助金 2000円
雨天決行・荒天中止
様々な追加情報はblog、FB page、Twitterなどにてご確認ください。

 

出演
里アンナ
里歩寿
スティーヴ エトウ

 

 

当日の音響は、原音を忠実に再生させることを目指し氷室神社でも研究・検証されておりますタイムドメインというシステムを使用いたします。

タイムドメイン・システムによる境内でのライヴ。右に写る筒状のものがスピーカー


奈良は文化や食など様々なものの発祥の地とされていますが、じつはこのタイムドメイン音響理論も奈良発祥なのです。詳しくはリンク先を御覧ください。
http://www.timedomain.co.jp/
奈良の音を良くしていきたいという宮司様の願いがこもった音響もお楽しみに♪


5/13:大阪で独りライヴ♪

おかげさまで完売となりました。ありがとうございますー!

 

大阪のFUTURO CAFEという初めての会場で、久々にソロ演ります♪

 


open19:00 start 19:30
限定30名
前売り2,500円+Drink
当日3,000円+drink
箸休め 坂本実十里 作品展

 

今回は昨年万博のパビリオンでご一緒した美術家 坂本実十里さん(アトリエ十里杏)の展示とともに♪

 

FB page

https://www.facebook.com/events/292192477861126/

 

アクセス

http://futurolive.exblog.jp/i7/

 


5/29:爆風銃

アンコールライブ:爆風銃(Bop Gun)


Bar Open 18:30
Live Start 19:30

 

Dr. ファンキー末吉
Key. ホッピー神山
Ba. 江川ほーじん
Parc. スティーブエトウ
Gt. ドゥーワップかんじ
歌う人. マーシー
ミュージックチャージ:¥3,000(別途、ミニマムで1000円の飲食代がかかります)
前日の28日で店が閉店する予定でしたが、惜しまれる声が多いためにこの日と次の日だけアンコールライブやっちゃいます!!


 

だそうです〜〜

詳細は下記にて

http://www.livebarxyz.com/schedule/2017/05/post-89.html


6/4:東京 千駄木 Bar Isshee

またちらりと寄らせてもらいますー!

 

https://bloc.jp/event/4ec3

 

千駄木 Bar Isshee
open 17:30 start 18:00 ←少し早め

前回はこのような大熱演。


スティーヴ・エトウ
投げ銭制(別途チャージ500円+ドリンクオーダー)

 

予約はメールで申し込みください。
タイトルを「6/4ライブ予約」とし、
下記アドレスに氏名(フルネーム)と人数(最大2名)をお知らせください。
barisshee@keh.biglobe.ne.jp

予約締切は6月3日24時
それ以前でも定員になり次第閉め切ります


なお事前連絡無しの無断のキャンセルの場合、
今後の予約ができなくなる可能性もありますので、
充分ご承知おきください。


帰ってきた♭ツアー初日:京都きんせ旅館

いきなり裏話

 

*今ツアー、タケちゃんがどうやって移動するかのやり取りをしたのは三日前の4月11日

*彼がどこに泊まるかを決めたのもその日。

*何時入りするか決めたのは前日。

 

*即興なので何をどう どれだけ演奏するかの打ち合わせなんて一切しませんが、唯一の会話は…

 

私は電子ドラムを使うつもりで運び入れたのだけど、会場の音響機材が準備されてなかったので、

Ω「あ、どうしよ…自分のアンプ持ってきてないや」

タケ「いらないっしょ。」

Ω「え?…」

タケ「いらないっしょ。」

結果、京都は生音の打楽器のみになりました。

 

というわけで、私の楽器類は日々の気分で決まります。

明日の奈良ビバリーヒルズも、、、行ってみなきゃわからんです。

 

4/15 (sat) 奈良 ビバリーヒルズ

開場17:00 開演18:00 

前売り¥3000 当日¥3500(共に2オーダー別)  

 

[前売ご予約・お問い合わせ]  

ビバリーヒルズ 〒630-8266 奈良市花芝町6 プラザ花芝1F

TEL 0742-26-7444

mail info@flower6.jp

※HPより、メールでのご予約も受け付け  ています。
ご予約はこちらから → http://flower6.jp/yoyaku.html

 

これは7年前の初日出発時の写真(と思われる)


仲間日記 part-2

さて、何をやってきたのだ?ですよね。

重ねますけど、以下は二月堂周辺で皆様も目にする可能性のある事柄のみです。つまり言えないことは言えねえのです。

ふふふ。

 

 

私の場合は今回の担当である堂司(鷲尾隆元さん)のお使いや、その御部屋(北座衆之一、北座衆之二、中灯の4人部屋)の片付けやお掃除、お給仕などなど要は誰でもできることなのですが、やはり私は40年近く舞台に乗ってきた立場。あぐらかいてふんぞり返って生きてきたつもりはありませんが、やはり「気持ちはあっても、気づけない」もどかしさはありました。

 

誰でもできるとはいえ、現代の日常には無いこと満載でして…

 

ガス無いですから:
朝イチの御仕事は24時間絶やさない焚き火を使っての炭おこし。それを火鉢や囲炉裏に。

真冬の行なので焚き火や炭の炎がどれだけ身も心も温めてくれたことか。。。終わったら ぜひ七輪を買おうと思っていたのですが、奈良は「お水取りが終わると春がくる」ので無用な季節…(笑。

 

お部屋の掃除:
練行衆は布団の上に敷かれたテシマというゴザの上で生活します。なにせゴザなのでワラの切れ端が沢山出ます。さらに和紙でできた衣を着ているので、その繊維も大量の綿埃に。もちろん掃除機はないのでホウキ掃き。

 

練行衆の”ランチ”:
食堂と書いて「じきどう」と読む御堂の中でとられるのですが、これも「食作法(じきさほう)」という行らしいのです。しかし、どう見ても母ちゃんに叱られそうな”お行儀の悪い”作法だらけなんですね。謎だらけだらけです…

我々は御盆を持って食器のお片付けをします。


で!その食作法以降、深夜に行が終わるまで練行衆は一切の飲食ができないのです。声明で喉を酷使するにも関わらず水も飲めないのです。そのため、酷なことに部屋の飲食物や茶器の類も仕舞って隠してしまう。それも我々の役目。「すいませんねえ…仕事なんで…」という感じでした(笑。

 

特殊任務:
連日あがる御松明は薄暗く長い階段を昇る練行衆を導くためのもの。最初は普通にこのくらいだったはず。

 

いつから巨大化したのでしょうね〜

検索すると、やはり江戸時代との説。

江戸時代 憧れる!


その松明に続いて練行僧。幹部ともいえる四職には我々仲間が続くのですが、堂司担当の私だけは巻物を右手で掲げながら上り、二月堂入り口で堂司さんへ手渡します。その巻物とは… 検索してください…

 

修二会の12日めは特別なイベントがたくさんあります。東大寺修二会の総称のように言われる「お水取り」も、じつはこの日の深夜にだけ行なわれるもの。御松明も籠松明という普段よりもゴージャスなタイプに。

 


この期間中、スタッフ・サイドでは最も任務が多いかもしれない加供奉行という役がありまして、我々仲間の上司的存在でもあります。この加供奉行さんは連日 まもなく練行衆が上がってくるという伝令をしに二月堂へ駆け上がるのですが、12日だけは大きめの松明を掲げます。

しかも3回連続で行なうので実にキツい。そのおかげで3本目にあたる「出仕の案内」を仰せつかりました。
KISSのファイア・ドーーーン!など、ステージの特殊効果としての炎は超盛り上がるものですが、なにせ消防法のしばりがあるので日本では蝋燭1本灯すのでさえ許可申請がたいへんなのです。なのにこんな松明をボーボー燃やしながら突っ走れるなんて!!!
はい!バカみたいに楽しかったです♪

駆け下りてきた私が童子さんへ松明を手渡して消してもらう瞬間!

 

今朝Amazonして夜には届きました。

あらためて音楽として聴いていますが、、、カッコよすぎる!!!

 

続く→

 

写真は奈良のアンティークショップ満月さんから頂きました♪



calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Ω on Twitter

通販サイト地味に開店中!

エトウ商店

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM