八月終わり!?!?

日々「中国の不思議な役人」の舞台稽古に通っております=日々、平幹二朗さんのお芝居を目の前で拝見しております。1933年のお生まれ。これだけでも参加した意義があるってもんです。

ところで、今年も残り三分の一ですよお。アセるくらい早い早い。
まあ、早く感じるってことは充実している証なのでしょうから感謝すべきなのでしょうけどねえ。塀の向こうにいたら長いよねえ、きっと。

それにしても...そもそも夏はあったのかあ!?くらいの今年。

残暑来い!来い!帰って来い!

稽古二日目

昨日はどっぷりと疲れたものの、音声モニターの方法とかが整ってきたので徐々に慣れてきました...のか?限られたスペースに大物楽器が多いので引っかかるわ、つまずくわで地道な苦労。

岩松了さんがΩに『Kyon2と知り合いなんですよね!?』って。
『あ〜、旧いんですよお...』と話が始まり、岩松さんも彼女のデビュー直後に日刊アルバイトニュースのCMで共演してたんですと。彼女をネタに話もはずみ、和が広がります。じつはいろんな現場で助かってます。で、そのCMを検索してみたら見つかるから凄いわあ。あえてリンクしないので探してください。まあ、探す醍醐味もないままにすぐに行き当たりますけど。

明日はその今日子ちゃんの夏フェス・ラスト@長岡。昼の出演なので出発は超早。無理なので稽古終了後は個人的に現地ホテルに前乗りしましたのだ。駅近くで一泊3990円のビズ宿。まあ、この価格ならこんなもんだろうって感じの...

ところが翌朝、進センセも同じホテルに泊まっていた事が判明。しかも7000円。ただしQUOカード2000円付き。でもまだ高い。
進センセ『ええ!?なんでえ!?なんでええ!?』
ネット・リサーチの失敗か!?(笑。

舞台稽古初日


久々の舞台御仕事参加なのですが、やはり音楽の現場とは環境が違うので勘をつかむまでは大変そう。何がって、そもそも楽器の音ってデカいので声でのお芝居にたいしてどのくらいの音量、力加減で叩いたら良いのかが客観的につかみづらいのですね。たいがいはうるさ過ぎてしまう。そもそもΩの持ち込む楽器ってうるさいから(笑。演奏開始初日の今日、叩く労力はほとんど無かったにもかかわらず、帰宅したら気疲れでバタンQ。

ところで、演奏家はΩとsax奏者の宮本大路さんのみ。で、大路さんのwebを何処からどう観てもsax奏者とあるんだけど、昨日稽古場入ってはじめましてしたら、すでにドラムセットして、Ωよりもパーカッショニストらしい楽器類をゴロゴロ並べて、ぱんぱん叩いてる。そ〜来るのかああって感じで初日からヤラれましたわあ(笑。

いよいよ

PARCO劇場「中国の不思議な役人」の稽古に初参加。役者の皆さんは今月初旬から稽古を開始されているのですが、打楽器演奏のΩは後追いでようやく。
とりあえず本日は機材の搬入かたがた見学。長期公演の舞台現場はとても久しぶりなので、じつに新鮮。同じ舞台を創って行くのでも音楽とは桁違いの労力ですねえ。これから10/4まで稽古〜本番が続いて行きます。

役者参加のEmiちゃんはいつもどおり演ってる感じですよ♪

アレ

アレのアレの最中なのです。お歴々を従えつつ、今回もすべてを引っ張って行く彼のパワーは素晴らしい&凄まじいと思う。要らぬお節介と知りつつも、彼のアレの才能をもっともっともっともっともっともっと周りのアーティスト達に知らしめたいΩ。引き合わせた輩はもれなく色眼鏡が落ち、痛快に巻き込まれて行くのだ。その過程を見つつ「でしょ!?」ってほくそ笑むのが好きなのだ(笑。

このふたり


Ωと山口ともであります。
同じ1958年生まれで、合計102歳。
知り合ったのも古くて、お互いプロの打楽器奏者のはしくれに片足踏み出したかな??くらいの24~5くらいの頃。彼は早見優ちゃんとか、Ωは小泉今日子ちゃんとかの御仕事をさせていただいていて、スケジュールのやりくりつかない時には代役(我々はトラという)を頼み合って頑張っていたのだわ。

で、三十年近く経っていまだに同じようにやりくりしてるんだわ@今日子ちゃんリハ場。

photo by KOIZUMI

miss. Cabour

春夏/秋冬と年二回のphoto sessionに参加させていただいている帽子のcabちゃんのmiss. Cabour。現在は2009春夏ムービーが公開中で、ICEの国岡 真由美さんとのセッション。

今年でいったい何年目なのかわかりませんが、近年は毎回お相手が変わるのもお楽しみのひとつ。(え?私の個人的楽しみ?いやいやいや、まあまあまあ♪)

今日は2009秋冬モノを撮影してきまして、元TPDのNさん。公開までは一応伏せ字ね。その様子はCabourのCablogにて!

七夕録音

今日はアレのソレとかぢゃなくて(10,11日は降水確率50%超えの予報:苦笑)9月に始まる舞台用の録音。

いつものようにドラム缶とか引っ叩き、いつもどおり指とかに当たって軽く負傷。

モニターに映っているのは私の後に録音中のEmiちゃん。
釧路往復おつかれさま&どうもありがとう。

今日は

ツアーはOFF。のんびりしようかと思ってたら、FMくしろの「ワンツーナイト・トーキョー」の今週オンエア用のファイルをまだ編集していないのを思い出し慌てて今作業中。下手すりゃ放送のある木曜日の前日に慌ててたりするのでマシな方ですが。

ワンツー牧場のPRを兼ねてスタートしたこの番組。7/5のワンツー・フェスを前に、当日参加してくれるけけけの皆様をお迎えしてユル〜いトークしてます。

昼間は冷蔵庫の掃除をしていて、かなり熟成されてきた奄美土産の塩豚を見つけたので塩抜きして今現在煮込み中。

さああて、いよいよ明日はG.Vラストのウェルシティ(新宿厚生年金会館の事)2daysの始まりですわ〜〜♪わああああ!わあああああ!!


ところで...

ウェルシティ東京って言われてもなあ。どこなんだかなああってわかんなかったもんなあ。CCレモンホールって、いまだ慣れないもんなあ。やっぱ新宿厚年と渋公なんだよなあ。

ってな話がちゃん組の名古屋ガイシホールへの移動中に車内で始まり...
『ガイシホールって...レインボーホールなんぢゃんね』
『ガイシってなによ』
『電柱についてるさ、あれ』
『武道館がいきなりキューピーホールになったりしたらどおおする?』
『えええ〜、嫌だああ』
『でもテッペンのタマネギってキューピーっぽくない?』
『わはは!ほんとだ。顔描けばいいんだ!』
『ボラギノール・ホール』
『がははは!もうホールの綴りが違うから!爆♪』
『アース製薬が買い取ったらアースホール!』
『ぶははは!ぜええったいに無い無い!』

ところが検索したらあったのだ。
「アースホール」

企画段階で誰も気づかなかったのか???

めざましテレビ

最近早起き気味なので、普段ならば夢の中であろう「めざましテレビ」に登場のHOTEI君もリアルタイムで。ギターのネック越しにΩのアタマが親指大に見え隠れしてました。


こんな感じ(笑。

同日にゲネプロも終了で、いよいよツアー開始♪
GUITARHYTHMの名を冠したツアーは94年以来らしく久々の復活。Ωは始めの一歩である1988年のGUITARHYTHM LIVE(東京&大阪)に参加させてもらったので21年ぶり。(こういう歴史ネタもWikiのおかげでスイスイ書けるわ)

前回のツアーは中村達也を中心としたアナログ肉弾戦でしたが、今回はGUITARHYTHMの特徴ともいえるコンピューターを駆使したデジタルな音。その意味では司令塔であるKishi君には誰も逆らえないのだ。幕が上がったら舞台上でKishi君がいっちゃん偉いのだ。そのあたりの見えない力関係もぜひお友達と指差し確認しながら御観覧ください。

現場では超一級のROCK SHOWが出来上がっていますよ。
Ωも持ち芸百花繚乱(笑。
楽しいわあ♪


calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

Ω on Twitter

通販サイト地味に開店中!

エトウ商店

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM