11/12:ともえちゃんの爆発言に聴衆は…

11/12に篠原ともえちゃんは渋谷BOXXで行なわれた『TOKYO GIRLS BOX.1』に参加いたしまして、私も補助。
共演は、きゃりーぱみゅぱみゅ/Yun*chi/DOMINOという若者たち。私とホッピーは完全に「若酔い」しましてドンドン年相応に…それでもコスプレしたホッピーは素晴らしいと思います。さすが日本音楽界 孤高の天才です。

ライヴ中に突如DOMONOのお三方を舞台に招き入れまして座談会。例によってともえちゃんは手作りのピラピラ御衣装でございましたが、完全に先輩格となっている自分に対して『え!なんかアタシって大屋政子みたいになってない!?!?』と自虐的爆発言。はたして笑っていいのか否か、TPP問題並みに難しい判断を聴衆に迫っておりました。若い方々は『?…誰…?』 私は速攻吹きました。


年内はさらに2本。今年はほぼ月イチ ペースでお手伝いした感じです。ホントご苦労様だと思います。

2011年12月18日(日)
Art Yard 『SQUARE PACK』 vol.9
場所:渋谷O-nest
出演:篠原ともえ/青葉市子/OORUTAICHI/Ropes アチコ+戸高賢史/The Fractures/Suzuki Tomomi
時間:開場18:00/開演18:30


2011.12.27 (火) Shibuya O-EAST

後藤まりこ
Guitar:AxSxE
Drums:千住宗臣
Bass:仲俣和宏
Keyboard:渡辺シュンスケ

女王蜂
篠原ともえ

OPEN 18:00 / START 19:00

★後藤まりこオフィシャルHP http://gotomariko.com/
★後藤まりこtwitter http://twitter.com/510mariko

11/4: 久々のINVADERS LIVEであったのだ

下北Queにインベーダーズ入りきるのかって問題はありましたが、まさに動けねえ動けねえ危ない危ない。重機の作業範囲には入らないでくださいって感じで…
でも久々のインベーダーズ参加♪ やっぱ楽しいねえ。ホーム感覚あるでい!

日本マドンナに男衆はキャアキャア言っておった。私は親の気持ちであった。

Club Que presents KenKen of INVADERS LIVE
「The bonds of Shimokitazawa」
日付 : 2011/11/04(金)
場所 : 下北沢 CLUB Que
出演 : KenKen of INVADERS
Opening Act. : 日本マドンナ
時間 : 開場 18:30 / 開演 19:00

11/1:及川キーダと台風一過♪

9月にROCKERROOMの六周年お祝いで行なった2daysセッション。残念ながら二日目は猛烈な台風でやむなく中止。そのリヴェンジを行ないました。

ほんと凄い台風だったもんなあ。東京にも台風は来ますけど恐ろしい思いをしたのは初めて。ニュースでご覧になった方も多いと思うけど、道玄坂でタクシーを直撃した大木。私はほんの数分前に通過したところだったのだ。一応会場のROCKERROOMには行きましたが、むしろ避難って感じで、keedaにも何度も中止だからと電話やメールで伝えたのだけど、黙々と歩いて来た彼女には通じず、ご苦労をかけてしまったのだった。

これは前回の第一夜の様子をiPhoneアプリでコマ録りした高速映像(無音です)

続きをどのように描いたかというと、壁面には前回の絵を飾り、客席側には透明シートをたらしてそこに描いていくという立体手法。

終了後に裏側=キーダ目線から撮影
光ってるのは向こう側の照明

署名はこんな

ライヴペインティングをされる画家さんは多いけど、彼女ほどこちらの演奏に まさにライヴに反応しつつ描いていく人はいない。Ωが叩くと一緒になって筆や手でビート叩いているもんね!ほんとかっこいい♪

じつは島で一緒にやろうと目論んでいるのだ/全然未定なのだ…だから問い合わせないでくれたまへ。

2011/11/1
及川キーダ http://www.keeda.com/
Ω。

スティーヴ エトウ & 及川キーダ
〜台風一過〜SESSION in ROCKERROOM

OPEN 19:00 / START 19:30

LOVE:7ヶ月遅れのAnniversary LIVE終了♪

〜7ヶ月遅れのAnniversary LIVE〜

大黒摩季ちゃんや布袋君のライヴにゲスト参加されたりでチョコチョコ御縁のあったLOVEちゃんのライヴへの参加が実現しました。しかも3月開催の予定が震災で延期となり、文字どおりLOVEコール頂いて苦節10年ようやくって感じで…

お客様はアーティストの鏡っていうのが持論でございますが、LOVEちゃんのtwitterのTimeLine追ってみると、やはり彼女らしいまっすぐな熱いコメントばかりで清々しいですね♪いいね&いいね!

今回の私はギターの石垣"オマエデカイんだよ"ちゃんとともに数曲のゲスト出演。
しかも最後のブロックだったもので大変なわけですよ。つまり会場は十分に熱くなったところへポンッと出て行かなければならないわけで、助走つけてヒートアップの暇がないわけで、運動会でいきなり短距離走のお父さんコケちゃうみたいな事態は避けたいわけで…
でも仕方ないからハナからぴょんぴょんですよ。おかげさまで気持ちアガりましたけど、脈も上がりましたよ。危ないから気をつけたいですよ(笑。

日時:2011年10月22日(土)16:30開場17:00開演
場所:WWW
http://www-shibuya.jp

〈バンドメンバー〉
紺野光広(Ba)
佐藤大輔(Dr)
小幡浩司(Gt)

〈ゲストミュージシャン〉
石垣 愛(Gt)
ソン ルイ(Gt)
飯塚啓介(Key)
Rina(Vo&Gt)from indigo blue
スティーヴ エトウ(Perc)

10/7:一ノ宮頼子 ライヴ@APIA40

一ノ宮頼子さんのライヴをベースの河合徹三さんと共にお手伝いさせていただきました。

毎回毎回、イメージとのギャップの話ばかりになっちゃうのですが、今回はねえ…もうねえ…なんせタンコブ付き。頼子さんのtwitter遡れば残っているかもしれませんけど、柱に思い切りオデコをぶつけて見た事もないようなモノすごいタンコブを…いや、ほんと凄くて…
たぶんアスリートゆえに瞬発力も素晴らしいのだろうから衝撃大きかったのでしょうね。ま、その後は禁酒もたった三日間で終了して、青タン状態のままモデル仕事もこなしていたようですので、まあ大事には至らなかったようですが…見た目は十二分にオオゴトでしたけどねえ…ま、良かった良かった。

って音のレポ無しかよ…

2011年10月7日(金)
一ノ宮頼子 ワンマンライブ@APIA40 (学芸大学)


[ 街影月影 Vol.2 ]

街の影に 潜む音。
月の影に 踊る音。

今宵 奏でるは そんな音。

City lights in the moonlight.

街影月影。ごゆるりと。


出演
一ノ宮頼子(Vo,Pf)
河合徹三(Wood Bass)
スティーヴ エトウ(Per)

OPEN 18:30 / START19:30 

@ APIA40 
http://apia-net.com/index.html

日光ライヴ:打ち上げは零時で沈没w

過去にも何度か御一緒した和太鼓集団「樹神」、そして画家 香川大介とのライヴが行なわれました。

都内のスタジオを出発して3時間弱で
日光っぽいぞーー!修学旅行以来だぞーー!

今回は大介君の個展だったのだけど、彼の絵たるや

このスケールで(モデルは御本人なり!)

この緻密さなのです。どんだけの根気、根性なのだ?!
機会あったらぜひ目の当たりにしてください。びーーーっくりしますよ!
(比較は私の親指なり)

まずは樹神の皆様の演奏があって、その後リーダーと即興。このKotakiリーダーは子供みたいに落ち着かないうえに見た目もとても若々なのですが、じつは来年還暦らしいっす。こんだけ年上で自分より若く感じる人はこのリーダー唯一人だなあ。すごいわーー。ほんと小学生みたいなんすよ(笑。

この個展は木工作家の小坂憲正さんとのジョイントだったのですが、扉をテーマとした作品群もさることながら、打ち上げを催してくださったご自宅が もうアートそのもの。渡辺篤史が訪問したらタメ息だらけのはず。おいしい料理をいただきつつ、超早起きだった私は零時にて予告どおり沈没いたしましたとさ。ぜひまた!




NIKKO−VIBRATION
スティーヴ エトウ +樹神+香川大介
東日本大震災被災地復興支援演奏会
2011年10月1日(土曜日)
18時30分開演(17時30分開場)

小杉放菴記念日光美術館エントランスホール

出演
香川大介(即興制作)
樹神(和太鼓) 
スティーヴ エトウ (重金属打楽器)

〈香川大介――生の絵画展〉の開催に合わせ、重金属打楽器奏者として知られるパーカッショニスト・スティーヴ エトウ 氏をゲストに迎えた和太鼓ユニット・樹神と、香川大介氏とのライブセッションを、日光の美術館で開催することになりました。
日光の美術館では初めての、和太鼓による演奏会です。展覧会の内容とも通じる、伝統と革新が融合したパフォーマンスと、日光の地に鳴り響く打楽器の調べを、存分に御堪能ください。

WOWOW生コラボ:朝はスッキリ起床

10月1日からWOWOWが3チャンネル化するのを記念して36時間にわたる「大開局祭」が無料放送され、そのオープニングとして書家の柿沼康二さんとのコラボが朝十時過ぎに生放送されました。

柿沼さんは布袋寅泰三十周年記念ライヴでの「誓」を書かれた方。しかもレナード衛藤さんともやっていたという…私目線からすれば、ようやくの共演。

じつは最初に制作の方からメールでお話いただいた時点ではお断りしたのです。この日は日光でライヴの予定でしたから。ところが、メールを読み返してみたらなんと本番は午前中ではないですか!てことはできなかない!しかも柿沼さんの映像などを拝見するに、こりゃぜひぜひ♪という気持ちが高まってお引き受けいたしました。

結果、朝6時入り…ゴーーーん)))))

ま、最近は早寝早起きのおじいちゃんペースだったので寝坊の心配はあまりなかったのですが、そのあと日光まで自走りしなきゃならないので寝不足は危険。寝られるかなあ…大丈夫かなあ…う う う zzz…

余裕もってスタジオ入ってまずは搬入。この日は降ろし/積み/降ろし/積みでしたね。専属スタッフもいないので、独りで一個一個。これが一番疲れますわーー

柿沼さんとはこの朝が初対面だったのですが、どう考えても大丈夫なノリ。一応リハなんかもあったのですが、柿沼さんはイメトレ。要はぶっつけ本番です。

たった5分間のライヴでしたが(じつはちょっとオーバー)スタジオ内では大好評でした。ご覧になられた皆様いかがでした?

柿沼さん、また機会あったら是非ご一緒してくださーーーい!
…てか、何人か会えた福山雅治バンドの皆様、ほんとにお疲れ様でしたーー

そして日光へ向かうのであった。ぷっぷーーっ!

映画「一遍上人」音楽イベント終了

現在順次公開中である平幹二朗さん主演の映画「蜘蛛の糸」で20作目となる秋原正俊監督の次回作は、踊り念仏で知られる一遍上人を描いたもの。主演はウド鈴木さん。Ωもけっこうかなり出演します♪ そして踊り念仏というからには踊りと音楽が必要なわけで…

そんなある晩、エジプト舞踊のREIKAさんとドラアグクイーンのインガさんがtwitter上で『映画館で何かやりたい』と会話しているのを偶然拾い、この合体イベントとなりました。

じゃあーーーん!
右から:インガさん、レイカさん、KIRIHITO、Ω。
なんだか平服組が恥ずかしいよ(笑。

個人的にはインガさんの司会に助けられました。叩きながら進行しながらはやっぱ無理だったーー!

じつは初めてだったREIKAさんとのセッションもあったりしつつ、お集りいただいた皆様の念仏などを録音させていただきました。もちろん映画の中で使わせていただきますよ♪11/3には神奈川でロケ本番。ご参加いただいた皆々様は初嶺さんによる振り付けバッチリなはずなので、ぜひ出演に来てくださいませ。もちろんエキストラも募集されると思うのでカエルカフェをチェックしておいてくださいね。まもなく撮影開始です。坊主役楽しみます〜〜!

9月30日(金)横浜ジャック&ベティ
出演:初嶺麿代/振付指導
REIKA/エジプト舞踊
秋原正俊/監督
スティーヴ エトウ/打楽器とか

第二夜 開催断念残念

KeedaとのライヴペインティングはROCKER ROOMの開店6周年に合わせた企画でしたが、台風の接近により第二夜は中止とせざるをえませんでした。

正直、午前中の時点ではまだ台風の規模をナメていまして、撤収で会場には行くし、どなたかご来場されたらやっちゃおうか みたいなノリだったのですが、次第に強まる風雨は半端なく、東京に住んでほぼ半世紀ですが記憶にない猛威でした。メルマガやTwitterなどでの告知も二転三転で申し訳ありませんでしたが、状況的にあしからずご容赦ください。

ニュースでご覧になった方も多いかと思いますが、渋谷の道玄坂では巨木が倒れてタクシー後部をつぶしていました。じつはその数分前にそこを車で通りかかっていたのです。道玄坂の上で信号待ちの間にパトカーがサイレン鳴らしながら下って行きましたが、その現場だったのかも。

そのままロッカールームへ向かって事務所にて待機、というかほぼ避難。びしょ濡れでKeedaもやってきました。もはや定時に来なくても大丈夫と留守電していたのですが、懸命に歩き続けたので気づかなかったそう。申し訳ないことをしてしまいました。。。

Keedaとのライヴペインティング歴はちょうど十周年。10年前の9月9,10日に開催した「ステ展」というイベントが起点。その日も今日ほどではなかったものの台風直撃で撤収を翌日に延期。11日に片付けをして帰宅をしたら9.11の始まりだったという忘れようにも忘れられない日。いちいち想い出ができちゃうのだー。

さて、やむなく二日目を中止といたしましたが、振替というか絵の続きをやれたらと検討中です。日程が合致すればなのですが…その続きの構想も出来上がっていたので、うまくいくといいなあ。

第一夜の様子をiPhoneアプリでコマ録りした高速映像(無音です)

東北三県ツアー

昨年の「GO! NORTH!!」ツアー以来の東北行き。様々な思いありつつも、いつもながらに楽しく、そしてオリジナリティ溢れすぎるライヴを楽しんできました(笑。

本編はかなり作り込んだ内容でしたので連日ともつつがなく進行しました。シリーズとしては奈良の再演なのですが、曲調の変化や入れ替えもあって全体的に落とし気味なトーン。そしてなによりもメンバーが一部交代だったので同じ曲でもこんなに変化するのか!?ってくらい今更ながらに驚いてしまいましたわー。固定メンバーでバンドっぽく構築していくのも良いけど、こういうセッションっぽさは緊張感抜けなくていいすね/マンネリ化しない。今回はSWING-O白根くんの「遊び」が刺激的だったなあ。
例によってたっぷり過ぎなアンコールは、事件事故の連続♪ 最終日などは、いったい今我々はナニをしているんだろー?ドコにいるんだろー?的な良い意味での迷走状態(笑。やめられませんね♪その様子などはファンの皆々様のblogなどでお探しくださいませ。

仙台公演のあとには、今までにもライヴなどでお世話になった地元仲間との集い。当然震災の話になるのだけど、泣き笑いの体験談でいっぱい。今を生きている喜びでいっぱい。備えあれば、の知恵もたくさん授かって有意義このうえなかったです。それにしても家が全壊したアキラが面白すぎ。当時も無駄なくらい活き活きとしていたらしい。強い。

開演前、会津での夕焼け
ギリで一番きれいな瞬間を撮り逃したなあ…
ふたつの光点はレンズのせい…だと…思う

すすめられて駅並びのアエル展望台から海岸方面を…
元の風景がわからないのですが…1時間くらい眺めてました。

久々にツアーらしい写真をtweet
イチゴ乗っけたら完成


calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

Ω on Twitter

通販サイト地味に開店中!

エトウ商店

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM