奄美大島:七泊八日の旅 7月2日

7/2:よーーーーーやく今回のメインである島友ゆーきゃんの結婚披露宴であります。めでたいのであります。しかも島の結婚式はメチャメチャ面白いらしいので楽しみすぎるのです。

とーこーろーがーーー!

7/1分の最後に書いたように、なーぜーかー、前夜にエアコンをつけて寝てしまった私は、朝起きたら酷い悪寒。。。完全に体調崩してしまいました。この日の奄美の最高気温なんてせいぜい28度。その頃の東京は30度なかば。そもそもエアコンなんてほとんど使わないΩとした事が、なんてことををを!結局この日から三日間はほぼ飲めず食えず。ま、ジュースとか栄養剤はとってましたが『ヲレは管か!?』って感じで… 失礼…


それでも島の披露宴は面白かった!


キツ過ぎる島の冷房にメゲつつも最高楽しかった!

私は関東圏以外の披露宴などへの出席は初めてだったのですが、いろいろと違いがあって面白かったなあ。まず、お祝いはどのくらい包むのだろう?と気にしてたのですが、なんと会費制でポッキリ!
あと、私の知る限り親族の皆様は末席。家族のお祝いなのになんでこんなに虐げられるんだろうなんて思ってたのですが、ここでは両側の席は前列からずずいーーーっと親族の皆様のもの。しかも全員ご紹介とかある。何十人も!やはり家族を大切にしているのですね。
中央の列は友人職場関係。私はハシケンたちと共にスンげえ前に据えられてしまっったー。ありがた申し訳ない…

普通に挨拶とかもあるのだけど、メインは様々な余興。島の唄あり、演芸ありなのだけど素人臭いものはいっさい無く、どれもレベルが高い高い!お祝い映像とかも笑える笑える。そして泣ける。披露宴で眠くならなかったの初めてですよお。しかも島時間進行ではなく、きちんと時間どおり収まっていたのが驚異!の3時間。

私はハシケン団に混じって叩く予定だったのですが、当日のプログラムを観たら

「六調:唄 中村瑞希 三味線 松元良作 太鼓 スティーヴ エトウ」

って追加が…いやいやいや、あの素人耳には何拍子かもわからない六調(何につけ、この曲で踊ってすべて〆るという島の鉄板)の太鼓なんて、ま、一応サモガリ・ガリに基本パターンは習っていたんですが、無茶ぶりっすよおお。そもそも聞いてないしいーーー(笑。で、TEBAにチジン(奄美の太鼓 ツヅミが変化したらしいよ)叩いてもらいつつ、私はジャンベ叩き。それで許されたのかどうかわからんですが、楽しかったので大目に見てやってくださいまし……

終宴後はASIVIへ移って二次会だったのですが、残念ながら体調考慮して断念で残念。かなり盛り上がったらしいけど…

なにはともあれ、ゆーきゃん おめでとーーーー!
新婦も丸顔で円満間違いなしーー!

奄美大島:七泊八日の旅 7/1

7/1:唯一のOFF。

遊んでばっかでOFFって何よっていう突っ込みどころですが、イベント多過ぎで…次回こそは加計呂麻とか行こうっと!

その貴重なOFF日は島友にガイド頼みつつ、映像ネタ探してドライヴ。その道で「←大和ダム」という小さな看板を発見。山の中へ進んで行くと


ありましたよお!なんとダムが!



ココで叩きネタを撮影しましたので、そのうち観せるざんすよ。

日暮れまで走ったので、けっこう運転疲れ。ご飯食べて、何件かハシゴして(笑)宿戻ってコトンzzz…

でも、なぜかエアコンつけて寝ちゃったんだよなああーーー

続く:

奄美大島:七泊八日の旅 6/30

6/30:皆はお仕事もあるので、どーーみても酔い酔いの状態でそれぞれの職場へ。
私は宿へ。

初日にお邪魔したCD店サウンズパルがいよいよシャッターを閉めるのがこの日。若旦那的にはノンビリと片付けなどしつつ、最後の一日を終えようとしていたようなのですが、そうはいかなかったようです。メールなどでやり取りしつつ街の皆が集まってきて、さよなら会の続きです。

その中の一組
島で話題の高校生バンド「寸止海峡
9/4に日比谷野音で開かれる十代フェス閃光ライオット2011のファイナルに出場するのです。残念ながら行かれないんだよなあああ。皆に元気を与えてくれたまへーーー!

ハシケンとの初顔合わせ in 奄美も達成

サウンズパル、秘密の二階で叩きまくるΩ。

若旦那熱唱の図

でも、こんなカッコいい風味の写真も撮れた!
お前はライ・クーダーか!?
モノクロ・マジック

突発イベントも終了し、閑散とした店内を去る父

シャッター閉じる二代目
見守る父…

おつかれさまでした!!!

奄美大島:七泊八日の旅 6/29

宇検の田検の夕陽、きれいだったなあ…

奄美には日本の原風景があります。南の島なんですけど、キャバくないんです…(笑。 日本昔話に出てくるような風景に沢山出会えます。故郷というものが無い私はソコにハマったのでしょうねえ。

十重二十重の大災害の中、とくにネット上では様々な意見が飛び交い、ときには衝突しています。(ま、西へ行くほど薄まるのは実感していますが…)しかもどれも正論であったりするのでややこしいのですが、あたりまえの愛国心をもってすれば、おのずと道も見えてくるのではないかと。
この愛国心=右寄りみたいになっちゃう感じは我々世代にも責任あると思うのですが、要は己を愛し、そして家族、友人、村、街…その先に国があるというだけ。中央からのトップダウンで進んできたから/国策で進んできたから/東京一極集中だったからすべてが歪んでしまった気がします。戦後の復興・高度経済成長の中ではそれでも良かったのかもしれないけれど、今は違う気がする。
犠牲はあまりにも大き過ぎたけれど、日本は変われるチャンス。というか、良い国に戻れるチャンス。いまだからこそ私の村は、街は最高だぜ!という声で中央を取り囲んで一揆できないものでしょうかねえ。こればかりは東京発信では嘘っぽい。だって渋谷とか嫌いだもん。素敵なオトナの街だったのに… なんかうまくまとまらないなあ。

さてさて、その田検にあるトネヤで飲み会は始まりました。
このトネヤというのは、集落の中にあるパっと見、小振りな普通の一軒家なんですが、じつは祭りごと&祀りごと、政に関わる神聖な場所…らしいんですけどお…

あ!その前に「スーパーハブ」っていうハブを丸ごと粉にした製品の

工場見学に

はい!はぶ大使、ついにハブを手でつかみました!!!

原材料なんで冷凍ですけどね。。。


さて、その神聖なるトネヤは単なる宴会場に(笑。
まずはサーモンの挨拶から始まり、紹介だのなんだのありつつ

ホラ貝2本吹いたり

木の棒3本を隠し持って、相手の数を当てっこするナンコという遊びが始まったり

静かな静かな村の夜の十時過ぎに輪になって太鼓たたきながら踊ったり♪
なんというか、ジブリの世界に迷い込んじゃったとうな感覚でしたよ!もう最高!!

このあとは近所のお家でゴロ寝。この日の様子はサーモンの日記にも詳しく!

奄美大島:七泊八日の旅 6/28→29

6/28:いきなり深ーーーい飲み会になってしまった初日、二日目にして早くも酔い良い酔いで♪

昼は偶然出会ったディ!スタッフたちと「よろこび庵」で蕎麦とか。でもココって食べきれないくらいのセット量で大変…

その後もなんてことなく過ぎた一日で平和といえば平和。手持ち無沙汰といえばそんな感じ。じつは名瀬にマリンブルーという加計呂麻にあるお宿の姉妹店的ライヴハウスができたらしく、そこに皆の衆は集っていたらしい。情報不足でそこへ行かれなかったのは残念なのだけど、もし行っていたら以後モタなかったかも(笑。


6/29:前日とは打って変わって大変な一日…

まずはサウンズパル若旦那ご推薦の名瀬の沢を散策

ま、単に水がシャ===ってなってる写真を撮ってみたかったのです。
散策っていっても、なんか薮にはハブがいるような気がして怖々遠巻きなんですけどね(笑。


そして、ついにこの日が!
まさかの、この日が!

あの奄美観光大使ハシケンとは奄美をキーワードに日本各地で出会っているのに、奄美では一緒になったことがない。なぜか無い。ま、むしろそれがウリだったのですが、ついにその日がやってきました。

どんな政治家よりも白々しい写真ですね(笑。
観光大使&はぶ大使が奄美のASIVI前でついに握手です♪

さて、私はそのASIVI前から車に乗せられてヒゲ社長&サモガリ・サーモンとともに宇検村へと出発。このウケンソン。なぜか、皆は秘境だのディープだのって…単に中心地から遠いだけらしいんだけど(笑。
じつは何度も奄美を訪れながらも(いまや帰りながらも‥って感じなんですが)なんだかんだで名瀬周辺にしか滞在しておらず、離島などへも行ったことが無かったのです。それを不憫に思ったのかどうか、サーモンが飲み会を企画してくれたのです。
役所職員である彼とココで待ち合わせ
昨年の豪雨災害では大変な被害の出てしまったスミヨウであります。まだまだ傷の癒えていない奄美もがんばって!

そこからしばし走って宇検村へ入り、なぜか県民体育大会大島地区大会の宇検村選手団結団式を見学。サーモンも参加するかららしいのだけど、とりあえず宇検村歌斉唱をフルで録音しました。メロディには意外なシンコペーションとかありました…

そこの宇検村の中の田検という所へ移動

こんな感じ

バス停もこんな感じ

続く:

奄美大島:七泊八日の旅 6/27

記念すべき十回目の訪島/いまや帰島とも言いたい奄美大島

ふだんならばASIVIなどでのライヴが目的でしたが、今回はついに島の友人の披露宴にお呼ばれしました!なんと光栄なことでありましょうぞお!

そちらがメインテーマならば、サブテーマはサウンズパルというCDショップの閉店祝い(?)

以上2点が今回の目的だったので、残りの日々は島のあちこちを巡りつつ、離島にも行きつつ、のんびり過ごすはずでした…

が、島は甘く無かった…


私も最初の訪問以来、CDやDVDを置かせていただいたり、無理を言ってイベントを主催していただいたりと様々にお世話になったサウンズパル。若旦那のTV番組にゲストで出ておきながら酔っぱらって収録中に寝たりもしたわーー(笑。

そのサウンズパルは、残念ながら街の再開発で閉店という事になってしまいました。上はお父様の代から数十年のお付合い。島のみんなは口々に『このお店に育てられた』って涙眼の遠い目。

すでに看板ロゴが無惨に外されていて寂しいぢゃないかあ…

6/30の完全閉店を前に26,27日と「ぱるじゃっく」と題された店内イベントが催されまして、私もかろうじて2日目に間に合いました!

陳列棚などが撤去されてガランとした店内に、仲間たちが楽器を持って集まって来て歌いまくり♪
その間、若旦那の俊礼は扇風機の脇でビクター犬のように…

モノクロで撮ると、ひじょーーーに寂しい感じ

そんな中、ヒョーイキはこの笑顔で

いつもどおり(笑)やはり天才的な神である。
with カサリンチュ:タツヒロ

俊礼のサックスとカサリンチュ:コウスケのデュオで〆!
感動的風…モノクロってすごい風…

終了後は歌いたりない感じでムーチョへ流れて…
そう、カラオケなんてしない。思い想いに深夜まで語り、歌い…

最終的には阿呆の集団…

ちなみに右端ピンクが新郎となるゆーきゃん
昨年の豪雨災害の際のスクープカメラマンでもある。

以上、初日

奄美は人を繋ぐHUB/はぶLOVEナイト終了!

NPO法人ディ!からご報告がありまして、はぶLOVEナイトに寄せられた義援金はチケット売り上げ、募金箱、そして我那覇美奈ちゃんのチャリティCDの合計で485,162円となったそうです。
金額の問題ではない/1円でも渡せればチャリティだと考えるようにはしていましたが、島から急遽駆けつけてくれたサモガリを手ぶらで帰すわけにはいかないという気持ちはありましたので、正直ひと安心。これはもう御来場くださった皆様、無償で参加してくれたミュージシャンの皆様のおかげであります!ほんとうにありがとうございました!

きっかけは厳しい豪雨災害ではありましたが、今回の輪がまた何かの始まりになればと願います。奄美は人と人を繋ぐHUBですね♪1日も早い復興を御祈りいたします。

ライヴは熊谷和徳君と私のセッションからスタート。彼の参加は告知していなかったので、いきなりのサプライズ。ひっさびさのセッション楽しかった♪

blues. the-butcher-590213
なんと、ムッシュかまやつさんが飛び入り!早くもサプライズ第二弾♪

マイア・バルー with 駒澤れお
なんとなんと、お父様のピエール・バルーさんが飛び入り!サプライズ第三弾♪すでにヤバイ!
しっかしマイアかっこいいなあ。

立て続けのビックリを終えて、ホっとシマ唄コーナーになったなあ…と思ったのもつかの間。ユキヘぃ君のびっくりパフォーマンスに一同の口が開く(笑。
転換時間にハブを語ってくれたDJ HABUこと武内 享氏も『大好き!』と高評価♪聴いた事もない「六調」だったなあ♪言われなきゃわかんないもん(笑。

美奈ちゃんは新曲をチャリティCDとして先行販売。素晴らしい♪
みっち。はそもそも奄美へ私を連れてってくれた人。今回も皆吉さん、牧岡さん、ユキヘぃ君、TheSkaFlamesさんにお声がけしてくれたのです!私にとっては彼女が島の輪の始まりなのです♪HUB姉さんと呼びたい(笑。
1/30、31にはゆーきゃんも主催に加わる奄美チャリティが渋谷ROOTSで行なわれます。31日には私も参加。ハシケンと梅津和時さんとのセッションもありそう!情報はゆーきゃんのblogで!

今回初めてお会いしたのですが、結成20年との事。さすがのパフォーマンスでしたよ。DJブースから享とヤベえ!スゲえ!と言いながら観てましたわー!

勝井祐二KenKenTOKIEレナード衛藤 
kenkenはドラマーで参加。眠気を吹っ飛ばさんばかりのゲロゲロ即興。

そしてビデオ出演のはずが来ちゃったサーモン&ガーリック
朝4時半からのサモガリ。それでもサモガリだったあ!きれいに5時で終了してくれたけど、延長プリーズだったなあ(笑。特製映像も面白過ぎ!なんとかYouTubeしたいなあ。

なんか書ききれないよお!
感謝&感謝だよおお!

奄美救援はぶLOVEナイト:コメント掲載!

奄美大島豪雨災害救援イベント
2011年1月9日(日)
渋谷club asia
3500円+1drink
23時開場/24時開演(翌日は祝日!)
20歳未満の方のご入場は固くお断りしております。
ご入場の際には写真付きの身分証明証の提示をお願い致します。

前売り:
イープラス(公演検索「はぶ」でヒットします)

クリックでpdfファイルが開きます(9.3MB)

未曾有の豪雨によって甚大なる被害を受けた奄美大島。その復旧に何か少しでもお手伝いができればと、このたび私ことスティーヴ エトウと奄美観光大使でもあるハシケンが発起人となって救援イベントを開催する運びとなりました。

12/9現在の参加予定メンバー(五十音順)

KenKen bass 駒澤れお perc TheSkaFlames
武内 享 gtr TOKIE bass 
blues. the-butcher-590213
ユキへぃ vo. レナード衛藤 和太鼓  and more…
サーモン&ガーリック:ビデオ・コンサート予定
(ボランティアでの御参加ですので出演者に変更ある場合があります)


出演者の皆様には100%の無償参加をお願いし
asia様からいただく収益は全てNPO法人ディ豪雨災害義援金へ寄付いたします。


皆様からのコメントも頂いています!

私は父のツアーで19歳の時に奄美大島に初めて行く事ができた。
そしてそこで島を愛する愉快な人々、美しい海と山、そして空と地を繋ぐようなとんでもない歌に出会ったのだ!
それ以来完全に虜になり、もう5回は行ってる。
とにかく言葉じゃ言い尽くせない程たくさんの宝をもらってるのだ!
だから1/9は歌うよ奄美のために!
マイア・バルー

何度も行ったことがないのに、島で過ごした時間や島のみなさんのことを思い出すと元気になったり、ほっとしたりします。
そんな故郷のような家族のような奄美大島が、早く元気になりますように。
みっち。

NO LOVE,NO FRIENDS.NO LIFE
沼澤 尚

ハシケンさん、スティーブさんはじめ、たくさんの方々にご尽力いただき、このようなイベントに参加できるようになり、感謝いたします。
演奏を通じて、奄美の人々に少しでも役に立てれば、本望です。
Ska-Flames 伊勢、中須(奄美出身)

奄美は、2009年中村瑞希&ハシケンのライブで初めて訪れた
ときに大好きになってしまいました。思えば、初めて行く土地に
ひとりで4日長くプライベート滞在する計画、予感は大当たり。
以来5度、行くたびに、他にない美しく和洋折衷な風景と
高いレヴェルの食とあたたかな人たちに会えるのがうれしくて。
この度の豪雨災害には心が痛みました。遠くにいて何ひとつ
できずにはがゆい想いばかりでしたが、そんな中で力を合わせて
復興に向けていく皆さんの姿に、実は感動していました。
やっぱり、はぶLOVEです!
江藤有希

奄美大好きです!
奄美の為に心をこめて唄います。
チバリよ奄美!
牧岡奈美

奄美とのつながりは、2003年の奄美群島日本復帰50周年記念「夜ネヤ 島ンチュ リ
スペクチュ!!」から。
当時、このイベントの発起人であるハシケンさんのツアーを手がけていた縁でイベン
トにコンサート制作として携わる事が出来た。
かれこれ7年。。
まだ、そんなもんか。いや、もうそんなにたったか。。
あのとき以来、奄美は、私のコンサート制作人生のターニングポイントに必ず現れて
来た。
その奄美の集中豪雨のニュースに、心を痛めた。
なにか出来ないか、考えていたときに
ハシケンさん、そしてスティーブさんから救済イベントをするとの連絡があった。
僕はアーティストでは無いけれども、
苦しい中でも笑って復旧作業をしているであろう、奄美の皆さんに届くよう
楽しくステージの上、ステージ裏で働きます!
コンサート制作/舞台監督
株式会社サイクルヒット 岫 誠彦

大切なものをたくさんくれた島、奄美。ほんの少しだけれどチカラになれたらと思う。音楽の島、奄美にふさわしい音楽の宴。みんなで楽しみましょう☆
河村博司

上京してシマのことを
何もわからないまま飛び出した世界で、
でもやっぱり、人だったり物だったり、
見える形、見えない気持ちの部分で
ずっと、奄美に助けられ
支えられている自分がいます
奄美と奄美でシマを支え守り続けている
家族、どぅし、先輩方、
大変なときとは思いますが、どうか負けらんで!
東京でもシマを想ってくださる方が
たくさんいますよ☆
ユキヘぃ

こりゃ、普通に楽しみだぜい!
はぶ!らぶ!ショー!
スティーヴ エトウ

「奄美」を想うアーティストが集まります!一緒に楽しみましょう〜。
ハシケン(奄美観光大使)


というわけで!!!この企画ばかりは多くのご来場が無ければまったくもって屁の役にもたちません。深夜イベントではございますが翌日は祭日。皆様ぜひぜひご参加ください!

in ASIVI

もう宿をチェックアウトなので帰宅後にまとめますが、GOTA君、勝井君とともに最終的にはサモガリ交響楽団となって、歴史に残る変てこなライヴを3時間半にわたって繰り広げてしまいました。笑いすぎてホッペ痛い。

追って!

追って…って言いながらひと月以上経ってしまった…

とりあえず勝井君とGOTA君は初対面になるので、ご挨拶がてらの完全即興を1時間ほどと目論んでいたのですが、カバーをやりたいとかGOTA氏より提案され何をするんだろうかと思って現地。なんと4曲分の歌詞譜面を携えていましたさ。いずれもご自身の曲たちで弾き語ると!

本番前に♪

そこで、ライヴの校正を急遽変更して、まずは屋敷豪太弾き語りライヴから始まり、入れ替わりでサモガリ。そして我々3人による即興がpart-3。

じつはGOTA君の弾き語りなんて人生二度目だそうで。こんなのが観られるのも奄美の特権ですね。内地では絶対にしませんから〜!(笑。

お馴染みのサモガリは、お馴染みに進んで我々の即興。これがやはり面白かった〜!さすがですね。なんですけどお、予定してはいたんですが後半はサモガリ乱入でいよいよヘンテコへ。

ほら出たよお〜!
私の敬愛する盛島さんだあ♪

わけもわからず最後は島のしきたりどおり「六調」でシメたのでした。

翌日は盛島邸で

その後もこんな感じで名残惜しく飛んだのでした。

さて奄美です♪

昨日は初・奄美市内の勝井君と市内観光。奄美への訪島は2度目らしいのだけど、前回は空港から大和村へ直行&現地キャンプだったもので街を知らないのでした。

とりあえずアーケードや市場、塩豚屋さんなどを回りつつ、マニアックなCD屋さんであるサウンズパルへも立寄り。音楽のご意見番である俊礼はお昼ご飯中だったので、父上とご挨拶。いつ拝見してもバタくさい風貌。天本英世さんが近いですww

初奄美ならばと夜は島料理の喜多八。昨年2月に衛藤兄弟を島に呼んでくださった萌子さんも一緒。勝井君に島の魅力をぐいぐといと。

ここはコースのお店。
シマウリ、シマラッキョウ、豚面

刺身

お芋と塩豚

続く:


calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

Ω on Twitter

通販サイト地味に開店中!

エトウ商店

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM